擬宝珠 ぎぼし・ぎぼうしゅ -盛岡市 上の橋・下の橋-

画像


擬宝珠(ぎぼし・ぎぼうしゅ)は、長葱の花のことで葱坊主をさし、伝統的な建造物の橋や寺社の階段や廻縁の高欄・欄干の柱の上に取り付けられた葱坊主型の飾りのこと。「葱台(そうだい)」とも呼ばれる。擬宝珠が取り付けられるのは、親柱(両端や一定間隔で並ぶ)で宝珠柱ともいう。親柱が木製の場合、擬宝珠は銅・青銅などの金属製であることが多く、雨水風化による木材の腐食を抑える役目もある。親柱が石製の場合は、擬宝珠も含めて石造りになっている場合もあり、すべて木製の場合もある。奈良・平城京跡二条大橋のものは瓦製とされている。
宝珠型の起源は諸説あり、仏教の宝珠からきているものは、釈迦の骨壺(舎利壺)の形といわれたり、龍神の頭から出てきた珠であるといわれ、地蔵菩薩などの仏像が手のひらに乗せているものである。この宝珠を模したことから模擬の宝珠という意味で「擬宝珠」と呼ばれるようになったとされている。
また、葱のもつ独特の臭気が魔除けになるものとされ、それにあやかるものという意味もあり、仏教建築以外での使用の意味ともなる。
神社では三重県・伊勢神宮正殿の高欄の五色の宝珠型の飾りが原型とされ、当初は朝廷・天皇に関わる建造物にのみ存在したらしい。古い例では、中国、漢代の画像石や敦煌の壁画にそれらしいものが確認されており、日本では、平城京二条大橋のものが発見されている。

橋の擬宝珠には、架橋由来などの銘があるもので現存しているものとして京都・三条大橋に一部残っているものが古く、天正年間に豊臣秀吉の命で改築した際のものとされている。そして、これを模したものとして江戸時代初期の岩手・盛岡市上の橋・下の橋のものがある。

天皇に由来し、銘が刻まれ、現在でも橋に取り付けられたままの擬宝珠は、国内で京都三条大橋、盛岡上の橋、下の橋の三橋のみである。

 盛岡は北上川・中津川・雫石川が合流する地点に位置し、橋が城下町発展の原点として、慶長年間に中津川三橋(上の橋(慶長14年・1609)、中の橋(慶長16年・1612)、下の橋(慶長16年・1612))が架けられた。
 上の橋と中の橋の欄干には青銅製の擬宝珠が取り付けられたが、擬宝珠は南部氏の旧城があった三戸城下の「黄金橋・きがねばし」にあったものを、銅を足して鋳造しなおしたものと伝えられている。
 擬宝珠は、南部家12代政行(まさゆき)が、天皇の勅許を得て京都加茂川三条大橋の擬宝珠を写し、三戸城下熊原川の橋(後に黄金橋と呼ばれるようになった)に取り付けたといわれる。
 中津川三橋は洪水によってたびたび落ち、擬宝珠も流されたが由緒ある擬宝珠のため慶長年号を刻んで幾度か補充されている。現存する擬宝珠36個のうち慶長期のものは、上の橋銘5個、中の橋銘9個が残されている。このように紀年銘があり、現在も欄干に取り付けられているものとして全国的にも稀有であり、盛岡街づくりの原点のシンボルとして貴重なものである。
 盛岡における鋳物師の名の記録が登場するのは、藩都盛岡が完成した頃からで、最初にあげられるのは、有坂(ありさか)氏13代茂石衛門政吉。有坂氏は南部氏の甲斐(山梨県)在国中からの鋳物職人でした。(南部氏の本領は甲斐国巨摩郡南部郷)
 有坂氏の初代茂右衛門信義(のぶよし)は山城国(京都府)の人であったといわれ、7代茂右衛門吉家(よしいえ)の時代になって甲斐国へ下向して南部氏に仕える。その後、南部氏が陸奥国に下る際に随行し、達曽部(たっそべ・岩手県上閉伊郡宮守村)に居を構えた。この有坂氏が、慶長14年から16年にかけて上の橋、中の橋の擬宝珠を鋳造したといわれています。

画像

【慶長十四年銘 上の橋 擬宝珠】

画像

【源朝臣 利直銘 上の橋 擬宝珠】

擬宝珠の伝承由来としては、
 南部十二代政行公の京都在番中の或る年の春、時ならぬ鹿の鳴き声が帝の耳にも届き、「奇怪の事である、洛の内外に触れて歌伏せにせよ」との命が下り、「春鹿」の御題が出された。その時の政行公の詠歌は、
 「春霞 秋たつ霧にまがわねば 思い忘れて鹿や鳴くらん」
この歌が天覧に浴すると鹿の鳴き声も止んだ。「辺土の武士にして歌道に堪能なるは神妙」と評価され、松風の硯を拝領するとともに「都にも優る歌人なれば何ぞ帝都の趣を在所へ移すべし」との言葉により加茂川の擬宝珠を勅許された。政行公は、在勤の期満ちて下向すると三戸城下熊原川の橋にこれを附し、金銀をちりばめて竣成した。その立派さは人々を驚かせ「黄金橋」と呼ばれた。その後、二十七代利直公に至り盛岡築城の時、これを移し数を加えて鋳直し、三橋をつくったとのことである。
 因みに中津川にはこの外、よの字橋、毘沙門橋があり、一方北上川には夕顔瀬、開運橋、明治橋の三橋があって、夫々美観と風致に富んでいると昭和初期の観光案内で紹介されている。

現在は、上の橋と下の橋に擬宝珠が取り付けられており、銘は混在している。

画像

また、後から補ったものなどは、その形も若干違うものとなっている。
慶長14年銘のものは、ほぼ丸型に対し(上の写真右のもの)、慶長16年銘のものは下ぶくれ型(上の写真左のもの)になっているが、例外もある。

[参考 擬宝珠 各種]
京都・五条大橋
画像


京都・東福寺方丈 (陶器製)
画像


京都・三条大橋
画像


京都・宇治橋
画像


というわけで、盛岡の上の橋の擬宝珠は慶長14年から数えて400年の節目を平成21年に迎え、これを記念して、「擬宝珠神籤」を製作しました。
白木の擬宝珠型の中におみくじが封入してあります。
盛岡城跡公園に鎮座する櫻山神社限定です。
盛岡にお越しの際は、ぜひひいてみてください。

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック